トップページに戻る

呼吸法

呼吸法

眠っている細胞を目覚めさせる


  最近腹式呼吸を試してみました。
  呼吸法はそれほど明確に効果はないだろうと考えていたのですが
  スグに効果が現れ驚いてます。ここでは色々な呼吸法を少しずつ取り上げていきたいと思います。

腹式呼吸
(鼻呼吸と同時に行うと良い)
鼻呼吸を頑張っている方は腹式呼吸を覚える事で息をリズムよく大きく吸い込む事が
出来るようになるためぜひ覚えておいてください。

手順
基本は座った状態で行います。目は閉じない方がいいです。
慣れてきたらどんな姿勢でも出来るようになります。

1、鼻からゆっくり沢山の空気を吸う。
体はお腹を膨らませるように意識をすると同時に鼻から新鮮な空気が
お腹一杯にそして指の先まで浸透していくようなイメージを思い描く。

2、口から息を吸う時よりも時間をかけ吐く
丹田「へそ下」を意識する、履くと同時に徐々にお腹をへこませるように
すると良い。苦しくなったらまた鼻から徐々に息を吸い込む。
慣れてくれば鼻で息を吸うよりも3倍くらいの時間をかけ口から息を吐く。

3、吸う、履くを自然に出来るよう繰り返す
自然に吸う吐くとは無理をせずという事である。
普段呼吸をしている時のように意識しなくても自然に吸う・吐くという
動作が出来るようになる事が大切です。

注意点
腹式呼吸のやり方には完全に決まった方法というのはありません。
ホームページを色々見ていけば分かると思いますが人によってやり方には微妙な違いがあります。
人の体の作りは同じでも脈の速さそして呼吸の量など違うわけです。
基本をふまえた上での自分なりの腹式呼吸を身に付けると良いと思います。

効果
・消化が良くなる
腹式呼吸を行うと横隔膜の運動範囲が広がり、人によっては胸式呼吸時の3、4倍になることも。
腹腔の内圧もグンとアップし、その刺激を受けて胃腸の働きが活発になります。

・腹痛予防
吐くときにお腹をへこます事で腹筋も鍛えられるので、腰痛予防にも役立ちます。

・ダイエット効果
お腹の消が良くなることからダイエットにも最適とされております。

・冷え性改善
停滞していた静脈の血液の流れもよくなります。

・安眠
精神をリラックさせる体を温めてくれる効果があるので
不眠症の方でもスグに寝付けるようになります。

・集中力アップ
この呼吸法を行う事で頭が澄み切った状態になり集中力を
アップさせる事ができます。

・精神の安定化
怒りや悩み、不安など感情が不安定になった時に腹式呼吸を行う事で
精神を安定させリラックスさせる効果があります。
時間はかかりますが腹式をしばらくしていれば心が落ち着きます。

お勧めサイト

腹式呼吸手順
オススメです。動く絵付きで息を吐く吸うなどの動作の手順が紹介されています。

「腹式呼吸」
腹式呼吸の詳しい説明とやり方が説明されています。

くそ丸体験談

オナ禁と朝抜きにおり元々集中力は高まっていたんだけど、この腹式を行う事で
さらに集中力がアップした。呼吸のリズムというものが分かってきたし
何よりも「空気が美味しく感じられるようになった」

腹式は本やネットせ説明されていることをそのままするよりも自分なり
のやり方を見つけた方がより高い効果を望めると感じらた。

この集中力が高まっている状態で腹式を行うと起きている状態にも関わらず
夢を見ているかのような感覚に落ちる時がある。
空気を腹一杯吸った時は感覚が鋭くなり体がぴくぴくと痙攣を起こすかの
ような感覚を体験出来る。心も体も以上にリラックス出来る。

呼吸法について他の体験談もお聞きしたいので掲示板の方に書き込みお願いします。


ムーラ・バンドハ
(オナ禁と同時に行うのが良い)
始めに
この呼吸法は掲示板に投稿して頂いた方から寄せられたものです。
性欲を抑え性エネルギーを寿命に変換する事が出来るという事らしい。

手順
1,あぐら座りをして足の甲を反対側の太ももに置く。もしくは正座の姿勢で座る
2,大きく両肺に息を吸い込んだ後(7秒)肛門を左右から強く閉めクムバク(止息のこと)する。
(精力の強さによって止める息の長さを調節する。)
(普通は7秒、精力が強いときは14秒、もっと強いときは21秒クムバクするか、2セット、3セットと繰り返して行う)
3,意識を睾丸部(女性は膣)におき白濁(完全な真っ白ではない色)の性エネルギーのかたまりが上昇し
丹田奥部にある太陽神経叢に徐々がってくる状態を想念する(このとき、さらに肛門部をさらに力を入れて縮めることがコツ)
4,苦しくなったらゆっくりと息を吐き出すが、そのとき、太陽神経叢から太陽の光が周囲に光を放散している状態を
鮮明に想念しながら吐いていく(7秒)

息が乱れたり、想念が上手に出来なければ、自然呼吸を間に入れ、少し休み、再び行う。特に回数は決めず、
個人差があるので各自で性欲がコントロールできるまでやるとよい。

専門用語を分かりやすく説明
・太陽神経叢(たいようしんけいそう)・・・・これは自律神経の集まる部分にあたり、
リラックスポイントになります。胃・十二指腸の部分に当たります。
・丹田(たんでん)・・・・おへその少し下の部分

これをマスターすることにより性欲をコントロール昇華できるとも言われます。
2chBBSでは勃起が治まったなどの報告も寄せられております。


トップページに戻る