トップページに戻る

10月4日に記載分 10月4日に記載していたホームページのトップの一部をこちらに移しました。



■ここに上げている効果は具体的に詳しく何人の人が体験しかたなど
少しずつコンテンツを作成していきたいと思います。


オナ禁「初期」に体験した事

・抜け毛が少なくなる
・朝の目覚めがスムーズになる
・ニキビ、湿疹、アブラ性が改善する
・女の子の友達が増えた+彼女が出来た(30日程度の時)
・外向的・積極的な性格になる  
・肌の質がよくなる
・男の友達が増えた

あまり取り上げられていないオナ禁効果
・よく夢を見る
・夢の質というか内容がナニしていた頃と比べてハッキリ変わる
・夢の内容は過去好きだった子などが出やすい(何人もの人が体験)
・フェロモンが出やすくなる
・ガンになりやすい&なりにくい
・動物をブリードしたらスグに死ぬことからも人間も寿命が短くなる
(オナ禁をすると寿命が長くなるという意味)

・長期オナ禁止の効果

・思慮深くなる
・頭の回転が速くなる
・勘が鋭くなる
・物事の本質をとらえる能力が身に付く
・景色が綺麗に見える
・自分の基本スペックが全て向上する(Sサイヤ人)
・10年オナ禁者は射精や夢精してもSサイヤ人状態を保てる
・精神的に安定して悲観したりマイナス思考になりにくくなる
・女性にモテるようになる
・食事の量が調節され太っている人は痩せ、痩せている人は太るなど体型が維持される
・顔付きが変わってしまう 中性的な顔になりやすい
・将来ハゲにくくなる
・性欲に惑わされにくくなるので良い女と付き合えるようになる
・3時間などの極端な短時間睡眠(発動条件はまだ分からない)
・男から好かれる事が多くなる(好感を持たれるようになる)


オナ禁に関する話題(いつか検討する予定)
・大豆などの女性ホルモンと同じ効果がある食品を摂取すると性欲が安定しやすい
・DHCのエステックスを摂取すると女性化して性欲は抑えられるが副作用がある
主な効果は体が重くなる朝がキツクなる、胸が出てくる。
・女性ホルモンと男性ホルモンの効果の違い
・空海やブッタなどの宗教系のお坊さんは寿命が長い なぜか?
・自殺とオナニーの関係性
・引きこもりとオナニーの関係性
・中世ヨーロッパのオナニーが害悪とされていた時代背景
・オナニーを沢山している国の国民の寿命と性格
・ブラジル人は大豆イソフラボンを摂取することがないことから寿命が短いと言われている
セックスに関してもオープンで大らかな国民性と射精に関する関係性
・日本でもオナニーが恥ずべきものとされていた時代の国民の生活と考え方など
・オナニーばかりすると麻薬中毒者と同じ症状になってしまうのか?
・オナニーをすると「病気の抵抗力」が極端に落ちると言っていたティソ博士の実験報告
・オナニーによって変な性癖が出来てしまう
・頭が鈍くなり行動力が落ちてしまう その心理
・筋肉のつき方とオナ禁の関係性
・風邪とオナニーについて
・オナニーばかりするとどうして顔がむくんだ感じになるのか
・どうしてオナ中毒者は女にモテにくくなるのか
・アメリカのトップについている人間はあまりオナニーをしていないという結果報告について
・性欲を高める食事やサプリを摂取することは行動力を上げるに効果的か?他どんな効果があるかについて
・オナ禁の効果をより体験できる方法


トップページに戻る