トップページに戻る

このページの説明は医学的な根拠に基づいたもの
ではなく、自身の体験談からの考えなどを主に記載してます。

空想丸式 計画表


オナ禁30日時代
(2005年〜2006年)に行っていた方法です。
1日という時間を計画に基づいて行動する事で時間を有効的
使いたいという考えから思いつき実行しておりました。


段階1「行いたい事記入」
ノート及び紙を1枚用意する。
現在から寝るまでの時間に行いたい事を全て紙に記載していく。

・明日までに行っておきたい事
・部屋の掃除
・ネットで見たかったサイト及び書き込み
・運動
・勉強
・本を読む
・食事
・風呂
・・etc


どのような事でも良いので紙に記載します。
1ヶ月先の事でもあらかじめ記載しておいてかまいません。
あらゆるやりたい事、実行しなくてはいけない事を書き込みます。


段階2「時間を計算」
その中から現在の時間内で出来そうな事を作成致します。
まず2段階目に行う事として

・現在の時間
・寝る時間
・使える時間

この3つを紙に記載します。


現在の時間  18時
寝る時間   24時
使える時間  6時間


段階3 「記載例」
使える時間が6時間

その時間内にどれだけの事をやりたいかを記載していきます。
記載方法は次のようにします。

記載例
18時〜19時
・ネットで見たかったサイト及び書き込み

19時〜20時
・勉強

20時〜20時10分
・休憩

20時10〜20時50分
食事

20時50分〜21時20分
風呂に入る

21時20〜22時20分
自由にやりたい事をする(1時間の自由時間)

22時20分〜23時
勉強

23時〜23時40分
本を読む

23時40分〜24時
寝るための準備

このような感じで紙に記載していき、後は実行致します。


パソコン3時間計画
別の例としてパソコンで3時間の間、色々と行いという場合など特に有効です。
オークションに参加していて尚且つ
ブログを持っているオナ禁マラソン参加者の例
パソコン時間18時〜21時

18時〜18時30分
メールの確認及びメールの返信
(先にやるべき事を実行しておく)

18時30分〜19時
オナ禁マラソンへの書き込み及び参照
(楽しい事を最初の1時間で行い意欲を増加させる)

19時〜19時10分

休憩
(何も考えず次の行動へ移るため取り合えず休む)

19時10分〜20時
オークションへの出品及び、出品内容を作成

20時〜20時10分
休憩

20時10分〜20時40分
自身のブログの書き込み

20時40分〜21時
やり残している事を開始そして実行
(これまでの計画を立てた内容においてやれなかった残り
を実行する)


パソコン3時間「高度な計画」
時間を設定するとどうしてもその時間内でダラダラとしてしまいがちです。
30分で出来るような事を50分の計画を立てていたのでゆっくり行う
など、計画を立てても時間を無駄に浪費するという現象が起こります。

さらに短時間を多くの事を行いたい場合にも有効です。
時間に焦るという状態を作りだすためにかなり細かく予定を設定します。
上の記述を例に取って記載していきましょう。

予定表を上から順番に進めようといざ計画を開始したとします。

現在18時の時点そこでペンを用意してすぐに記載内容に
追加項目を加えます。
追加項目は30秒〜1分以内に素早く紙に記載します。


18時〜18時30分
メールの確認及びメールの返信

5分:メールの確認
10分:メールの返信
5分:メールの整理

10分:残りの出来なかった事を始める
(合計30分の予定)
10分の所を5分で完了

5分:時間があまったのでさっさと次の計画に進む

合計時間は30分です。
まず最初の5分でメールを全て確認して
次の10分でメールの返信残り5分でメールの整理

しかしメールの返信が10分では出来なかった。
これも予定に入っている。

短時間に設定し過ぎて出来なかった事を残り10分で行う
出来なかった項目。
メールの返信

しかし、10分で予定を立てていたものが5分で完了。

最後残った5分を使い次の計画
18時30分〜19時
オナ禁マラソンへの書き込み及び参照

に進む。

このようなやり方を行います。
時間を短時間で区切って設定しているため、時間を無駄には使えないと
急いで作業を行うようになるため実際にかなり短時間で多くの事が
出来るようになります。


メリット及びデメリット
ここではこの「空僧丸式計画表」のメリット及びデメリットを
記載していきたいと思います。

メリット
・1週間分の時間を3日に短縮出来た。

普通に生活していれば1週間かかるような内容のものでも
わずか
2日ー4日で完了まで持っていく事も可能です。

普段の生活であればダラダラとテレビを見たり、ネットをしたりと
して時間が過ぎていたものがなくなり、有効的に時間が使えます。
やりたい事や予定を短い日数で達成してしまう事は大変なメリットとなります。

・1日の充実感
ダラダラすごすと1日を無駄に使ったようで虚しい気持ちになりますが、
計画に基づいた行動を実行出来た時は大きな充実感を味わう事ができます。
「今日はこれだけの事が出来た!」「明日も頑張ろう!」
という気力や喜びが最初のうちは沸いてきます。

・生活リズムの改善
夜寝るようなリズムをきちんと設定することで
一定した規則正しい生活を心がける事ができる様になるため
健康で安定した精神状態を作り出す事が出来ます。


・目標に大きく近づく
自身が目標としている事に大きく近づく事が出来ます。
それだけ行動を起こしているわけですから、その効果は大きくなります。


デメリット

・続かない
ガチガチに縛られたような生活になってしまうため
自由を感じられなくなります。
自分の目標ややりたい事に近づけてはいても自由がないという
感じに陥ってしまうのです。その結果少し堕落した生活をしてしまうと
もう計画を立てようという気持ちは起きなくなります。

・運を逃している
1日の計画を立てたのち完全実行しようとしても
突然友人から誘いがあったり、別の予定が入ったりすることがあります。
しかし計画を優先してしまうことで、何らかの運を逃してしまう可能性が
高くなります。
人生は計画通りに物事は進まないのが当たり前なのであって
無理に計画の型にはめてしまうというのは何らかの問題が生じてしまいます。
よって、計画に基づいた行動をしていては
チャンスが訪れてもそれを無視してしまうという行為に繋がります

・脳の機能の低下?
人はその時間の気分や体調によってやりたいことが変わってきます。
それを無理に最初に立てた型にはめてしまうと、嫌だという気持ちも
大きくなり、脳の機能を著しく低下させてしまうのではないかという心配もあります。
詳しくはトップページの「脳内麻薬の仕組み」についてご参照ください。

一番効率的なのはその時にやりたいと思う事を実行するに尽きると
考えています。その時間、その日の気分により実行したいことを変えていく
という事は柔軟性を養う事にも繋がりますし、スーパーサイヤ人効果と
似たような状態を作り出す(スグに熱中できる仕組みを作り出す)
事も可能なのではないでしょうか?

実際に私は続けてきて、ある日突然嫌だと感じる度合いが大きくなり
その結果 時間を設定しても集中力が低下してきた、作業スピードが以前よりも落ちてしまったという経験をしたことがあります。

乗り気じゃない、嫌だと思うことを無理に実行しても続かないという事です。

募集
このやり方ではデメリットも大きく現時点では完全ではないと言えます。
良い計画案や方法などありましたら

掲示板
にてご報告お願いします。

自己流の計画表の立て方など現在実行して成功しているやり方、
もしくは失敗してしまったけどある程度の成功はあったなど・・。
どのようなやり方でもかまいません。
宜しくお願いします。

私は現在新たな計画表作りたいと考えています。
それはオナ禁性欲の仕組みを考えた上での計画案です。
人の精神性欲など欲望も含めて計画に取り込むという案です。

性欲の高い日、低い日などによっても変化させていく計画表。
難しいですが、また新たな方法が見つかりましたら体験談と共に
記載していきたいと思います。


トップページに戻る