トップページに戻る

このページの説明は医学的な根拠に基づいたもの
ではなく、自身の体験談からの考えなどを主に記載してます。

禁オナによって身体的障害や出る恐れもありますので医者と相談して
対応を決める必要もあります。よって、

これから始めようと考えている方はココで紹介している健康法も含めて全て自己責任で、お願いします。


自身を律する

自身を律するためにはどうしたら良いのか?

オナ禁に限らず何かを辞めたくてもやめれないという方は多いでしょう。
明日までにやるべき事があるにも関わらずどうしても制限が出来ない・・・。
本や漫画、ゲーム、ネットに入り浸りついつい気づくと日数が過ぎて手遅れになってしまった。

また、ちょっとした事で目先の欲に走ってしまい
時間を無駄に浪費してしまった状態に陥ってしまう方も多いと思われます。

どうしてそのような行動に走ってしまったのか?
すぐに目先の欲にとらわれてしまうのはなぜか?

私にもその仕組みは分かりません。
ここでは欲やその仕組みこれまでの体験、対策法などを主に記載しています。


自身の体験報告
(更新日:2007年)

オナ禁を始める前から私は大のゲーム好きでネットゲームなどにも一時ハマった時期がありました。
何事も熱中してハマりやすい性格か一度ハマってしまうと
やらなくては行けない事そっちのけで、後で失った時間を後悔するというような事が多かったです。

また、やらなくてはいけない事があるのに
気分が乗らない・・やる気が起きない・・という陥り、
手元にある漫画やネットを少しだけなら・・という気持ちで始めた結果、
その日は何も出来なかった。結局明日やろうと思うだけで、
明日が明後日になり、明後日が3日後になり・・というように
ずるずると時間を浪費してしまう結果になってしまったのです。

またゲームだけではなく、エロにハマってしまいネットで画像を収集
したりする事が日課になってしまったりする事もありました。
何事も禁止、制限するという事は難しくてまず無理な状態でした。


長期オナ禁後
数百日という長期オナ禁と同時にエロ禁、ゲーム禁を始めました。
面白いゲームに熱中しすぎて、その結果、本当にやらなくてはいけない事が
出来ない状態が続いていたからです。

最初は少しキツいと感じられましたが、長期オナ禁で禁止する事に
慣れているのか、すぐに完全に禁止する事に成功致しました。
しかし、数百日経過後には楽しみをまったく失ってしまい。

新しい趣味などを見つけるものの、何かに熱中できるという状態が
薄れてしまい
・・。やる気や意欲というものが沸きにくくなりました。


脳及び性欲の仕組みから考えると禁止するよりも、
やりたい事や実行したい事を新しく色々と行う事で、
やる気や意欲といったものは促進されるという事が分かっています。


現在
性欲の仕組みを調べていくうちに欲は無理に禁止及び制限するのではなく
コントロールできる状態に持っていける方が遥かに良いという事が分かりました。

「自身を律する」

やるべき事があるときは小さな欲に流されずにそれを行い
時間があるときには本気で楽しむといった方向に持って行くことは
自身を律する事が必要になります。

しかし、今だにそれは実行できておりません。
性欲においては自身を律するという事に現在はある程度成功しております。
しかし、性欲以外の欲に関しては難しい状態にあります。

エロ禁よりも難しい

休日の日、やりたい事があったにも関わらず昼に食事をしている時、
偶然目に入ったテレビ番組の続きが気になって

ついついテレビに見入ってしまうという状態に陥ってしまう事はありませんか?

別の視点から考えてみます。
もし、エロ禁を行いたいと思うのであれば、見なければ良いですよね。
エロを偶然見てしまう機会というのもそうそうないわけですし
比較的に頑張ればエロ禁は出来ます。

しかし、テレビ禁まで行うという事は出来ないですし、ニュースなど
ちょっとした事を知りたい時など不便です。
楽しみを失ったり、生活が不便になってまで禁止する必要はないと考えています。

もし仮に普段の生活上でエロが頻繁に目に入ってくるような生活を行っていて
エロ禁は出来ますか?
上のテレビの例はそれと同じようなものだと考えられます。

テレビは普段の生活の中で何気なく目に入ってくるものです。
テレビだけに限らず本、音楽、パソコン、趣味に関するものさまざまです。

この事からもエロ禁よりも普段の生活においてさまざまな誘惑に
負けずに自身を律するという事はかなり難しいと言えます。

まるでエロを見ながらエロ禁を行っているようなものではないでしょうか?



対策方法
ここからはどのような事を行えば「自身を律する」事が出来て
自由で満足出来る生活が送れるようになれるかを私個人の体験談から記載していきたいと思います。

計画表を作成する
自身が実行していた計画の立て方
これはオナ禁初期の30日の時点でスーパーサイヤ人状態になった
時に実行していた方法です。

空僧丸式計画表

詳しくはトップページコンテンツの空想丸式計画表に記載しています。
かなり有効的な方法ではあるもの、長く続けるというにおいては難しくなります。


欲を開放に向けて一時的禁止
具体的にどのような事を示すかと言えば、一時的に発展性(目標に関係のない)
欲や楽しみを一時的に禁止します。(本、漫画、ネット、ゲーム)

しかし、ずっと禁止しているわけではありません。
開放する日というものを設定するのです。


禁止することで欲望と快楽は大きくなる
ここでの注意点は完全禁止ではなく、開放する日を設定するという事です。
開放日を設定しないと楽しみがまったくなる事で無気力に陥ってしまう事も考えられます。


オナ禁をしていた方であれば経験した方も多いと思われますが、
一時的に射精を禁止した後、一週間〜30日前後のリセットは
大変気持ちよかった
と思われます。

毎日オナしていた頃よりも、我慢した後、抜くという行為は大変気持ち良く普段より
快楽が何倍
にもなります。

例えば漫画を読むという事を毎日行っていると楽しみはそれだけ薄れてしまい、
それが普通の状態になってしまいます。
しかし、本当に読みたい漫画をたまに読むと普段よりも楽しみが数倍に増します。


つまり簡単にいえばここで述べている事は
射精=欲望に置き換えて実際に実践していくという方法です。
射精とその他の欲望は同じような性質を持っています。

同じ欲であるならば、オナ禁をコントロール出来た時のように
欲望そのものもコントロール出来るようになるのではないでしょうか?


★長く続けると欲望や快楽は低下してしまう
(体験談)
オナ禁もそうですが、数百日と長期間行ったのちに
突然射精を行うと気持ち良さや快楽はほぼ感じられなくなります。

長く続けすぎるとそれだけ性欲、欲望の低下を招いてしまうため
無駄に長く禁止するという行為も考えものです。

オナ禁だけでなく、
エロ禁も長く続けすぎると、エロを見ても興奮しなかったり
楽しいという感覚がまったく一時的になくなってしまいます。

これはオナ禁だけでなく全ての欲に通じる事ではないでしょうか?
つまり何かを長期間禁止するという行為は、禁止した何かへの興味を
完全に奪われてしまうという事にも繋がります。

人生の楽しみを失ってしまう事で無気力に陥る可能性も高くなるのです。


上記回避策として

短期開放型の方法を取る
以上の事から短期開放型の方法を取る事が望ましいと考えられます。

勉強のために一時的に1週間という期間を定め、その間「漫画」「ゲーム」を禁止する。
一週間後には思う存分遊ぶ日を1日設定する。というようなやり方です。

脳の仕組みからも一週間先の欲の開放への楽しみを想像する事で、
ドパーミンやエンドルフィンの分泌が高まるだけでなく、さらに持続させる事が出来るため
意欲ややる気といった状態を持続させる効果、高める効果が期待できそうです。


掲示板、ブログでの報告
毎日の行いを掲示板で報告して、様々な方に見てもらうという行為も高い効果があります。

「昨日出来なかったので明日だけは絶対頑張ろう!」とか
文字を書くことで冷静に自身を分析出来、尚且つ周りに見られるという効果もあるため、
恥ずかしい行動は出来ないという状態を自然と作り出す事が出来ます。

できれば毎日少しでも良いので報告するようにした方が効果的です。

ただ毎日の報告は面倒で大変というデメリットもあります。
何かに縛られているという気持ちも生まれ、少し窮屈に感じてしまうかも知れません。
ときには何も気にしないで休むという期間も必要かも知れません。

みんなで競い合う
掲示板のオナ禁マラソンと似ていますが、まず一つの「目標」を立てます。
例:2週間後の試験に備えて一時的に漫画、ゲーム禁を行う。
さらに開放日及び解除日を設定。

目標を一つ達成出来た場合、少尉、中尉などオナ禁マラソンのように階級を設定します。
デメリットとして人が集まるかどうか分からないという事と
オナ禁と違ってルールがややこしく参加しにくいという点があります。


失敗や後悔、喜びを記載していく
紙にこれまでの後悔や失敗を記載していきます。
時間がある時には後悔や失敗した出来事を読むように心がけます。

目先の欲に走った結果、多くの時間や成長を失ってしまったなど、
後悔が大きければ大きいほど、律するという行為自体行いやすくなります。
出来れば朝から夕方にかけては後悔を、就寝前は喜びの内容を読むと良いでしょう。

寝る前に喜びの内容を読むことで明日への希望、やる気が充電されます。

トップページの「オナ禁が続かない」にも記載していますが、
様々な方の体験談や後悔、喜びと言った内容を読むという事で、オナ禁が出来るのと同じように、
毎日の自身の後悔や喜びなどからも同じように欲を律する事が出来るようになると考えられます。

注意点としては夜寝る時、1日の事を色々と想像してしまうと
脳が活性化してしまい、夜なかなか寝付けなくなってしまうという点です。

よって何かを想像したらスグに忘れるという事が必要になります。

潜在意識的に反省、喜びなど覚えていればいいわけで
寝る前はあまりゴチャゴチャと考えない方が良いかも知れませんね。


大きな目標を持つ

大きな目標を持つといった方法も目先の欲に捕らわれずに行動できるひとつの方法でもあります。
特に目標を持ちそれに向かい行動を起こすという事は
比較的安全な方法での「スーパーサイヤ人効果」を得る事にも繋がります。
詳しくはトップページコンテンツの「スーパーサイヤ人効果」をご参照ください。

目標=欲望
と私は考えています。

まったく欲望がない人には目標への意欲自体沸きにくくなります。
この事は私自身が長期オナ禁で性欲と欲をなくした経験からも言えます。

よって小さな欲には目もくれず大きな欲へ向うべき行動を作り出す事が課題となります。

小さな欲に振り回されないためには
目標に対する欲望を徹底的に高める必要があります。
これは精力を高める事と同時に行うと効果的です。



欲を大きく揺さぶられるような目標が効果的

分かりやすく射精という仕組みに置き換えて考えた場合

・一回だけオナが出来る
欲望レベル1

・1日中オナが出来る
欲望レベル2

・女性と性交渉が出来る
欲望レベル5

・好きな女性と性交渉が出来る
欲望レベル10

簡単に例を上げてみましたが、
女性と交わる環境化が目の前にあるとしても、
一人でオナしている方が良いという人はほとんどいないと思います。

それに欲望レベルが高いほど、欲望レベル1を我慢したり、耐えるという
力も大きくなります。

やる気や意欲へのモチベーションという面で考えてみた場合どうでしょうか?

同じ射精という行為にも関わらず、欲望レベル1を達成するために努力するパターンと
欲望レベル10を達成するために努力するのとでは、
やる気や意欲、持続力など、まったく違うものになってしまいます。

この事からも「目標は大きい方が強い力が働く」と考えられます。

周りがすごいと感じてくれるとか、立派だと思われるから高い目標を設定するのではなく、
やはり、自身の欲望が一番強く働くような目標が望ましいと考えられます。



想像力を高める
想像力を高める事は重要と考えています。
大きな目標を持っていても想像力がなければそれは、ただの言葉と同じです。

また、言葉だけ素晴らしくても想像力が低ければ意欲もやる気も高まりません。

女性はよく想像力豊かだと言われていますが、
男性の方が想像力が豊かだという事は聞いたことがありません。

想像力を高めるために美しい景色や蝶、素晴らしい幸せを想像してください
と言われても、あまり想像したくないし、男性はそのような事では幸せを感じない
という方が大半だと思われます。それに何より想像する事が退屈で面倒臭い。

なぜ面倒臭くなるか・・特に興味の沸く内容ではないからです。
では男性が興味沸くものと言えばエロもしくは女性に限ります。

毎日 可愛いもの、美しい景色を想像するのと
毎日 エロい事や女性の事を想像する
のでは後者の方が想像しやすく楽しいという方が多いのではないでしょうか?

よって男性が想像力を高めるにはエロもしくは女性に限ります。
好きな女性がいる場合はその女性を想像する事で
誰もいない方はエロい事、もしくは女性と楽しく接しているという状態を想像する事で、
より大きな想像力を自然に作り出す事が出来るようになっていくと考えられます。

また好きな女性でなくても、格闘が好きで好きでたまらないという方は
格闘シーンを頭の想像するだけで、想像力は高くなるでしょう。

まずは大きな目標への意欲を高めるためには自身の想像力を
より大きく高めるという行為も必要になってくるでしょう。



トップページに戻る