トップページに戻る


このサイトは様々な健康法を紹介してますが医学的な根拠に基づいたもの
ではありません。自身の体験談から得た考えを記載しております。


マスターベーションに対する考え


私は200日を越えるオナ禁をしてきました。
今思えば過去の私は性欲に振り回され支配されていたと思います。

休みの日は日々
エロ画像や動画を収集する日々。
レンタルショップに行ってはエロビデオを週2回は借りに行きオナニーばかり
してました。ほとんどの時間をそのために使っていたと言っても良いほどです。
かなり
沢山のお金、時間をエロに費やし無気力な日々を送っていたと言えるでしょう。

これが当たり前の生活だとその頃は考えておりました。
また女性に対する見方も隔たっており、ある程度の女なら誰でも良いという感じでした。
性欲旺盛の割りには現実の女性に対しては消極的で顔付きもどこか覇気がなく
無気力さが表れてました。今思い出しても気分が悪くなりそうです。

友人、彼女、新しい趣味、知識、など色々なものが手に入る大切な時期に、
毎日オナニーばかりして飯を食べて寝ると言った堕落した生活を送っていたため
肥満体質になり、心と体の健康までも損ねてしまう結果になりました。

もうあんな生活はコリゴリです・・。

-------------------------------------------------------------------------

私がオナ禁をしてきて思う事なのですが
最近はネットで簡単にエロ画像や動画が入手できる時代になりました。
学校教育では小学校からパソコンの使い方などを教えているようですが、
子供の悪影響は多大なるものになると考えています。

コンピューターのデメリット面エロサイトが将来どんな悪影響を
及ぼすかなどの教育も子供のうちから必要だと考えてます。

小さい頃からオナニーが習慣化してしまうと大人になってからも止める事が
出来ず性犯罪や乱れた社会を生み出してしまう原因にも繋がります。
オナ禁サイトには性犯罪に走ってしまったと後悔している人もたまに見かけます。

中世ヨーロッパ時代 貴族を倒し自由を手に入れた民衆はしだいに堕落し国さえも
駄目にしてしまったという過去があります。
自由や幸せや快楽と言ったものは追い求めるからこそ輝くものであり
手に入れてしまえば危険な麻薬と化してしまうものなのかも知れません。

いつでもオナニーにより快楽が手に入る事で私は現実の女性を追い求める
という行動に対して人は消極的になってしまうのではないか?という考えも持ってます。
ムラムラしてもお手軽に出来るオナニーに走るのではなく素敵な女性と良い
関係が築けるように努力する方向へ頑張るべきだと思ってます。

オナニーの害悪な部分のみ説明してきましたが、ここである疑問も浮かびます。
オナニーは完全に悪なのか?してはいけない事なのか?
私はそうではないと考えております。

男性不妊症の方やEDの方は男性ホルモンを注射してもらう事で症状を
治す努力をしております。そのためオナニーにより男性ホルモンを多く分泌させる事も
良い方法の一つかも知れないからです。

それだけではなく 「射精」 という行為そのものを封じてしまう事は子孫を繁栄させる
という目的さえもなくしてしまいます。いつ体に悪影響が出てしまっておかしくありません。

だからと言って私はもうオナニーはしようとは思いません。
中毒性が非常に高く一度してしまうと止めようとしても簡単には止める事は出来なく
なってしまうからです。自然界の動物はほぼオナニーはしません。
射精は非常にエネルギーを消耗する行為だからだと知っているからなのです.
多くの生物が発情期を持っており,エネルギーの消耗を一定の期間で抑える事が出来ます.

一番良いのは愛するパートナーを見つけ良い関係を築く事です。

しかし自分で中毒になる心配がなく自主できるという方であればオナニーでも良いと思います。
人それぞれという事ですね。


トップページに戻る