トップページに戻る

このページの説明は完全な医学的な根拠に基づいたもの
ではなく、自身の体験談からの考えなどを主に記載してます。

禁オナによって身体的障害や出る恐れもありますので医者と相談して
対応を決める必要もあります。よって、

これから始めようと考えている方はココで紹介している健康法も含めて全て自己責任で、お願いします。


EDと勃起持続法

ここではET(インポテンツ)と勃起について説明していきたいと思います。

勃起の仕組み
陰茎(いんけい)は性的刺激等によって勃起します。
陰茎海綿体

陰茎海綿体の血液充満によっておこる陰茎の膨張で、大脳皮質の興奮が仙髄にある勃起中枢に伝えられて起こります。
また、外陰部にくわえられた知覚刺激や、膀胱への刺激が、勃起中枢に達してもおこります
勃起に必要な神経の事を「副交感神経」と呼ばれています。

陰茎海綿体
スポンジ状の組織で満たされている二つの部屋からなり
中隔を中にして左右に分離されているが、この二つの間に 血液の自由な流入が起ることによって、機能的にひとつの勃起単位として適用される。
下の部分には、小便や精液を体外へ排出する尿道と、これを被っている尿道海綿体ある。

大脳皮質
大脳皮質は昔から全知能をつかさどる場所とされており、重要な部分です。大脳皮質は、
言語、地理、音楽、芸術、プログラミング文化など、人間が考える全てのものごとを処理しています。
一般により高度な思考や知覚と考えられていることは、全てこの大脳皮質で行なわれています。
大脳皮質を理解することは、知能とは何かを理解する上で大きな手掛かりとなります。

副交感神経
副交感神経は外界からの刺激に対して反応する自律神経系のひとつで、生体内のホルモンなどを制御しています。心身がリラックス状態の時に働く神経です。

「副交感神経」の働きの低下

緊張状態や性的な刺激以外のことに集中している状態が続けば、
当然「副交感神経」が機能しません。

この説明でいえば、
軽い緊張状態が続くスーパーサイヤ人効果は勃起不全に陥り易いという事でしょうか・・。
私はスーパーサイヤ人状態でも30分以上性器に触らなくても
勃起力を持続する事が出来ましたので、この事はまだ詳しく分かっていない状態です。



「副交感神経」をの働きを高める

1.糖分、油分、アルコール、喫煙を控える。
2.イライラを少なくし、心の平静を保つように心掛ける。
3.ゆっくり大きく深呼吸
4.ぬるめの入浴・足湯
5.日光浴とストレッチ。
6.15〜20分昼寝。


1.糖分、油分、アルコール、喫煙を控える。

糖尿病とEDの相関性が高いように、上の4つは副交感神経を優位に働かせる上でもなるべく控えましょう。
EDに悩まされた時には上の4つを控える事は効果があるようです。
アルコールと喫煙を抑制しただけでも血圧や血糖値はかなり下がります。
また、精神的にもイライラしたりすることも少なくなります。

2.イライラを少なくし、心の平静を保つように心掛ける。
ストレスは自律神経とEDの一番の問題です。
イライラを抑えると言われているカルシウムの吸収やアロマテラピーなども効果的です。
好きな音楽を聞いたりして心のリラックスを計りましょう。

3.ゆっくり大きく深呼吸
副交感神経を優位に働かせるために、一日に何度か大きな深呼吸をするだけでも効果があります。
例えば、重要な会議の後などは、精神的にかなりの緊張があります。そんな時はゆっくり深呼吸を心掛けましょう。

4.ぬるめの入浴・足湯
夜の入浴はリラックスのためにのためにとても価値があります。
ぬるめのお湯に浸かることで副交感神経のはたらきが促されます。
眠る1〜2時間前くらいに入浴することをオススメします。
洗面器にお湯を張り足だけつかるいわゆる足湯ですが、こちらもリラックスに効果的です。
好きな音楽を聞きながら30分程度の足湯などはかなりの効果が期待できます。

5.日光浴とストレッチ。
規則正しい生活はEDに限らず、心身を健康に保つ基本です。
そうはいっても仕事や友人とのつきあいで生活リズムはついつい乱れがちだと思います。
そんな日は、日光浴やストレッチなどをすることで、普段以上に心と体をリラックスさせてあげましょう。

6.15〜20分昼寝。
文部科学省の「快適な睡眠の確保に関する総合研究班」がまとめた、午後の作業能率を向上させる“正しい昼寝の方法”によると、
昼寝の前にコーヒーを飲み、約15〜20分眠り、目覚めたら外光を浴びる−ことが効果的であるとのこと。
労働省産業医学総合研究所の調査でも、約15〜20分の眠りが作業効率を高めるとの結果を発表してます。
ただし、この約15〜20分ぐらいがベストで、これ以上の昼寝は、逆に作業効率が落ちるらしいとのことです…。
実際、血圧が確実に下がることが実験で立証されています。

勃起を持続させる方法
「副交感神経」をの働きを高める

(上記説明参照)

男性ホルモンの分泌量を増やす
薬品、製品などを使う方法
ツンバ、バイアグラ、勃起持続用ローション、ホルモン注射、イーリングVP-RX(錠剤)
ラテックス コンドーム。

ラテックスコンドームはコンドームの中に局所麻酔成分が入っており、
勃起の時間を普段の2〜3倍にする効果があるとされ今注目されています。

しかしこれらは何らかの障害や副作用の恐れもありますので注意が必要です。

規則正しい睡眠を取る
夜9時ー12時までの間に寝ると成長ホルモンが出やすいです。

射精をする事
オナニーやセックスなどの射精行為を適度に行う事。
しかしオナニーによる射精は中毒性が高いため注意が必要です。

滋養に良い食事を取る
ニンニク、肉類、スッポン など性欲を高める滋養に良い
食事をバランス良く心がける事が大切です。

運動を心がける
運動をする事で男性ホルモンを分泌させる事が出来る。

ED(勃起障害)
EDは別名インポテンス、勃起不全症と言われています。
ここではEDについて説明していきたいと思います。

「EDの基礎知識」

http://taiyo.main.jp/ed/
とても詳しい説明で分かり易いです。

EDとは何か?
勃起不全あるいは勃起障害のことで、 男性なら多くの人に起こり得る病気です。
専門的には 「性交時に十分な勃起が得られないために、 あるいは十分な勃起が維持できないため満足な性交が得られない状態」 と定義されています。

中高年になるとEDになる人は増加してきます。
ある統計によれば、40代後半の男性の20%、50代後半の男性の50%が
勃起不全をうったえているといいます。

これは加齢により糖尿病、高血圧、心臓病といったEDを引き起こす引き金になる病気が増えてくることも要因の一つです。
つまり加齢はEDの危険因子の一つになりますが、加齢=EDということではありません。
EDは治療可能な病気です。

また、日本におけるEDの推定人口は1000万人以上といわれています。

EDになる原因
糖尿病、高血圧症、心臓病、うつ病、薬物治療、手術や外傷、ストレスなどが
上げれます。


EDを防ぐ方法
EDになる原因と逆の事をする。(健康に気を付ける)
上記に記載しております男性ホルモンの分泌量を増やすをご参考ください。
そしてEDになる原因 を減らす事が大切できます。
しかし、男性ホルモンの過剰分泌も様々な害を及ぼしますので注意が必要です。

自然に誰でも出来る事としては毎日勃起させるといいです。

そして一番重要なのは、ずっとセックスを続けることです。
オナニーは中毒性があるだけでなくストレスも溜まっていきます。
その点セックスは心と体の充足を促してくれるので効果的です。

女性を意識しよう
人は女性への興味をうしなってしまうと一気に老けこんでしまいます。




勃起(その他)

勃起力の恩恵
「勃起力」「情熱」は精力を貯蓄・充電し、自然に体の根本から
積極性、活動性、魅力性をよみがえらせてくれると言われています。
(本当かどうかは自分で確かめてみるしかありません)


機能の衰えについて考える
セックス、オナニーを沢山すれば機能の衰えを回避する
事ができ、30代、40代になっても勃起力を持続できると語っているサイトもあります。
しかし、ここで疑問が生じてしまいます。

疑問1
EDの推定人口は1000万人と言われておりますが、明らかにオナニーを
している男性が多い現在社会においてこの数字は異常と言えるでしょう。
オナニーを沢山すれば勃起力が衰えないのであればこれほど数は増えないと思われます。

疑問2
オナ禁サイト、掲示板ではオナニーのやり過ぎでEDぎみになってしまったと
訴える人が多いです。

以上の事から考えてもやりすぎにも気を付けなければいけないのでは?と
私は考えてます。そして射精行為が一切ない事も危険の一つであり

射精を適度にする事、つまり何事もバランスが大事という事になります。


勃起の持続過ぎの障害
勃起の持続もさまざまな障害をもたらします。
有名な病気としてペニスに継続的に血がうっ血する持続勃起症などがあります。

持続勃起症
性欲や興奮と無関係に勃起が持続し、痛みを伴う状態です。
血管と神経に異常が生じ、勃起組織(陰茎海綿体)に血液が閉じこめられてしまうことが原因で起こると考えられています。

多くの場合、勃起させるために使用した内服薬陰茎に注射した薬が原因です。
このほか、血液の凝固、白血病、鎌状赤血球症、骨盤の腫瘍、脊髄の損傷が原因で起こる場合もあります。
しかし、原因がわからないケースもよくあります。


脳内麻薬と勃起
副交感神経
をスムーズに働かせるために ノルアドレナリンの過剰分泌を抑え
安定作用のあるセロトニンの分泌を増やす必要があります。

恐怖、驚愕の体験をした時にノルアドレナリンにより、闘争か逃避の姿勢に入ります。
この時回避不能状態にならないように早くストレス体験を終息させないと
ノルアドレナリンは分泌され続けEDを起こす原因にもなってしまいます。


セロトニンは安定した睡眠を多く取り太陽の光を良く浴びる事で分泌されます。
セロトニンはストレスを軽減してくれます。

詳しくは
脳内麻薬の仕組み

http://light.kakiko.com/sionta/NouSuper.htm

脳内麻薬の作り方
http://light.kakiko.com/sionta/MayakuSakusei.htm

をご参考にされると良いかと思われます。


3大欲求のバランス
性欲、睡眠、食事 
このバランスを崩さないように心がける事が大事だと言えます。
適度に射精を心がけ一定の性欲を保つ、
さらにバランスの取れた食事によりEDの原因の一つでもある、糖尿病、高血圧症などを防ぐ。
そして快眠により、セロトニンとホルモンを安定して分泌させ精神を安定させる。



トップページに戻る