正しいオナ禁

オナ禁を行う際には汁遊びなどしない事!
エロ禁も重要となります。

長期もやりすぎれば良いというものではありません。
短期の方がスーパーサイヤ人効果など引き出しやすいです。

正しい生活習慣も必要となります。

精子の量が増えた

クラチャイダム終了してしばらく経ちますが、精子の量が以前の状態に戻りました。

行ったいた頃の方が量は多かったです。
男の力の源は精子の数であるという内容のブログを少し前に読みました。

そのように考えている方もいるようです。
クラチャイダムは確かに精子の量を増やす効果があるのは確かです。

精子の量を増やしたい方にはぜひおすすめです。

ただ、スーパーサイヤ人効果はこれでは引き出せません。

クラチャイダム実験結果

クラチャイダムでスーパーサイヤ人効果を作り出せるか実験してました。
結果は駄目でした。精子の量は多くなったような気がするものの高い性を生み出す事は出来なかった。

クラチャイダムは2016年で一番の注目を集めている精力剤です。
効果はたいしたことはなかったです。

まず量が少ない上に1錠ではたいした効果を得られない事です。
これならミミズサプリの方がまだ良いです。

腸博士がミミズほど効くものがないと言われているミミズサプリ。
現在実験中です。腸を改善する事で高い性を生み出す事が出来るかも知れません。

新しく記事アップしました。

性の低下時期を見極める 体験談

性が低下する時期を見極める事で、やる気、意欲の低下を防ぐことが出来る。
実際に低下した場合やうつになった場合はどう対処すれば良いか?など記載しています。

性の高さを測るには

やはりオナ禁しかないと思います。

ムラムラしている状態では本当の性というのは測れないんです。オナ禁していると今は高い、低いというのが自然に分かるようになります。オナ禁は性の高さを見極める訓練にもなるのです。

高すぎる場合は消費しても精神が落ちない

高すぎる場合は消費しても精神が落ちることはありません。

ムラムラすると言う状態は性欲が高いわけじゃないんですね。あれは欲望的なもので実際は低かったりします。だからリセットで精神が落ちてしまうんです。

ただ、まれに射精で元気になる事があります。この現象については性の力が下半身に貯まりすぎて不調を起こす現象と考えられます。

上昇転換せずにそのまま下半身に残しておくのも問題です。

 

性を維持しなくてはいけない

性を奪われる時代となってしまいました。食品添加物、水、シャンプーなど。

このような時代どのようにして性を維持していけば良いのか、これからの研究課題でもあります。

精子の数がすごい勢いで減っている

というタイトルにて新しい記事を作成していますので、気になる方はトップページからご参照下さい。

精子の数がすごい勢いで減っている!

1989年と2005年を比較すると、精子濃度は32.2%も低下していました。35歳の男性における精子濃度は1989年においては7360万/mlであったのに対し、2005年においては4990万/mlという結果でした。また、17年間の調査期間において正常形態精子の割合も明らかな低下が認められたのです。運動率には大きな変化は認められませんでした。

計算すると、精子濃度は年間1.9%の割合で減少しているということになります。

これは大問題である!性の力をここまで奪われる時代となってしまっていたのか・・。なんとか増やす方法を見つけなくてはいけない!

 

 

人が創造エネルギーを取り戻す方法

創造エネルギーを取り戻す方法は何かないものか・・。

肛門を鍛えれば、性の流出は抑えられる。あとは、オナ禁で性をためておく。問題は水と食事である。ミネラルウォータも安全とは言えない。

湧き水が一番良いのだが、近くでは入手不可能だ。精子の数が激減している理由を調べておくか

性は創造エネルギー

シヴァ神は創造の神様です。リンガを崇めるものも多く性の神的扱いでもあります。

性は創造エネルギーです。古代ではそう教えられてきた歴史があります。

現在の人たちはこの力を使う事は厳しいでしょう。創造の力を奪われている時代だからです。

水道水の中に、発がん物質が含まれているという話を聞いたことがあるだろうか。残念ながらこれは事実である。水道水を浄化する過程で、大量の塩素が投入されるのだが、これが発がん物質であるトリハロメタン発生の原因になってしまう。

それだけではない。水道水の塩素は人の創造力を奪うとも言われている。

食品も添加物だらけで、人の精神に良くない影響を与えているのは確かである。